基礎体温を測ることにより、女性ホルモンの分泌状況を知ることができます。このことにより、避妊のタイミングを説明します。



ピルを使用すると排卵が抑制されるので、服用方法によっては、避妊に最も効果的です。 当院では、低量ピルの使用説明や検査、処方を実施しています。



子宮内に避妊器具を挿入します。 経産婦の方に、使用しやすい方法です。



変則的な避妊法で、避妊に失敗した性交後、ホルモン剤を服用することにより、受精卵が子宮に着床するのを防ぎ、妊娠を回避する方法です。 避妊に失敗した性交後、72時間以内にホルモン剤を内服し避妊します。 当院では、緊急の場合、本法を実施しています。